検索
  • Atsushi Nakayoshi

子供部屋 間仕切


マンションのリビングの一画に子供部屋を設けました。

小学校までは、リビングのテーブルで勉強や、宿題をしていますが、

中学生ともなってくると、周囲の音が気になりだし、集中できたり、

一人の時間がほしくなる、いわゆる自我形成の過程は、親としても

神経を使うときだと思います。

そのような時に”部屋がほしい”と要望が出るようです。

間仕切は、どのようなものにするかあまり考えられないケースが

多いですが、必要に応じて決めていいと思っています。

決める要因を挙げると

・コスト

・遮音性

・デザイン

という要素がありますが、

今回は、コストもそこそこで、遮音性があり、デザインも満足できるものを

考えました。まだ建具は設置していませんが、遮音性を考えるとドアが有効です。

また、コストを考えると施工性のいいプラスターボードにクロス仕上げが

一番ローコストですが、大工工事とクロス工事の2業者を使います。

デザインを工夫して、1業者で大体同じくらいにコストは収める事ができました。

リビングはシナ合板を使用

ポイントでリブを付けました。

仕上げは施主自ら行います。

シナが全面くるとおとなしすぎるので

いいアクセントになったと思います。

子供部屋は

ピンナップが自由にできて、かつ吸音効果や

多少の断熱効果の見込める素材を使いました。

アクティブな子供部屋になったと思います。

(ドアはこれから取り付けます)

最後に見たお子さんの笑顔が印象的でした。

#子供部屋 #間仕切り

89回の閲覧

SYNCHRO

Architects and
associates.

  • Facebook
  • Facebook

​株式会社シンクロアーキテクツ​  一級建築士事務所

Copyright © ​SYNCHRO Architects and associates. All Rights Reserved.