検索
  • Atsushi Nakayoshi

屏風(ヒンプン)


「ヒンプン」という言葉は、最近耳にすることが多くなりましたが、

もともとは、中国に端を発していると思われます。

沖縄では、目隠しの塀をさしていいます。

ヒンプンの位置が母屋の中央部にあることより、内と外とのプライバシーを

柔らかく仕切っている役割を果たしています。

石垣島の House6 古民家新築でも当然古来の用い方で設置していますが

現代の手法としても 同じく石垣島の House2でも現代風に形を変え、

建築の一部として用いました。

縦格子のヒンプンです。

これは、先に投稿した雨端(アマハジ)とヒンプンを組み合わせ、玄関部分のプライバシーと雨の多い沖縄を意識して設計したものです。

私は、コートハウス的な完全に遮蔽した空間は、好まないので塀の高さなどは、古民家の形状を参考に決めています。

#石垣島木造住宅 #沖縄木造住宅 #ヒンプン #沖縄建築

296回の閲覧

SYNCHRO

Architects and
associates.

  • Facebook
  • Facebook

​株式会社シンクロアーキテクツ​  一級建築士事務所

Copyright © ​SYNCHRO Architects and associates. All Rights Reserved.